職業別接客英語、英会話の目的は商品やサービスの販売です。

接客のための英語、英会話では最初に日本語から英語に直訳することはやめて、お客様であるイギリス人やアメリカ人の英語の使い方を真似してください。

日本人の考え方で英会話をしないことが大事です。

日本語では、普通の言い方と思っていて、それを単純に英語に言い換えても、正しい英語とは似ても似つかないものになりがちです。

最近、有名になりつつある「猿でもわかる職業別絵英会話・英語」は、外国人と接客する担当者などが接客英会話を直に勉強できる教材アプリケーションです。

英会話を聞くことで理解できるだけでなく、自分から外国人のお客様に積極的話しかけることを目標にしている方にピッタリです。

英会話を話しながら「関心のあることを勉強できる」ということをすると、単に英会話を学習するだけでなく熱心に取り組んで行けるようになります。

外国からのお客様にとって、関心や興味を持たれる事柄とか、自分の仕事に関する分野についてYouTubeなどのオンライン動画など探してみるのも一つの方法です。

物品やサービスを販売するスタッフの方に本当に大事なことは金額を伝えることです。

具体的には、0が3つで1000と数えて、000の頭につく数字を明確に言えるようになることがポイントです。

NHKラジオ講座テキストの「英会話タイムトライアル」にチャレンジしても良いと思います。

英会話自体は非常に短い文なのですが、実際に英会話を話すことを想像しながら、相手の言ったことに対して瞬時に返答するようにしてスムースに会話が続けていけるようにする練習です。

有名なYouTubeでは、接客のための職業別英会話の動画以外にも、英単語や日常的に使われる英語のフレーズを、実際で使われている場面の映像を観ることができます。

数多くフレーズを勉強するということは、英語力を向上させるベストな勉強方法であり、元々、欧米のネイティブスピーカーは、彼らの会話の中で頻繁にフレーズを使用しています。

有名な「絶対失敗しない職業別英会話」の中で掲載されているフレーズは、ショップやサービス施設でよく使われている英語のフレーズやネイティブが普段の会話で使うようなフレーズを紹介しています。

この教材を使用して、頭がしびれてくるくらい英単語やフレーズを発声して練習し、続けていきましょう。

ただし、この場合、口調やリズムに気を使いながら聞き、忠実に真似していくことが大切です。

オンライン英会話「ネイティブキャンプ」のTOEICテスト受験対策のレッスンは、初級者から高スコア獲得を目標にしている方々まで、それぞれのスコアレベルに対応するコースがいくつかあります。

ご自分の接客英会話の弱点を綿密に把握し、高スコア獲得につながるベストな教材も提供してくれます。

ある程度の接客英会話の土台ができていて、そこから接客英会話が流暢にできる状況にスムースに移行できる方に共通するものは、英会話で話すことが恥ずかしいと言う意識がないことです。

普通、TOEICで高いスコアを獲得するのを目的として英会話を勉強している方達と、自由奔放にに英会話ができるために英語を練習している方とは、とどのつまり話せる英語の能力に明白な違いが出てきます。

英語の読み取り勉強と英単語の記憶、両方の勉強を同時にするようなことはしないで、英単語の記憶だけに注力してやる方法の方がベターだと思います。

接客用英会話が話せるということは、お客様に自分の意志が瞬時に伝えることができるということであって、話すことによりお客様に商品やサービスを購入していただけるということです。