職業別英会話には、最初の挨拶がポイント

販売などで接客する上でのお客様との挨拶は、なによりも販売につながるようにお客様に与える印象が大事なので、失敗がないよう英語で挨拶することが大きなポイントになります。

英語を使って挨拶すると、普段の英会話以上に多くのことがそれから勉強できます。

そのためには、日頃からお客様が興味を持つもの、関心を見せるものについて注意しておくことが大事です。

大変人気の商品がある場合、お客様は大変ワクワクしながらその商品の内容も知りたくなります。

英会話の学習というよりは、そのお客様がワクワクするような商品についての知識を高めましょう。

日本語と職業英語の違いがあるとしたら、現時点では、職業別英語の効果が上がるような勉強をしなければ、お店にとっても有益とはなりません。

普通、イギリス人やアメリカ人などと接客することが多くても、これからは東京オリンピックも控えていることから、東南アジアや西アジアのお客様も増えてきます。

彼らの英語は英米の英語と比べても、かなりアクセントや発音の仕方が違うので、これらの英語が理解できるようにしなければなりません。

職業別英会話では、まず最初に文法や関連する英単語を覚える必要がありますが、その前に職業別接客英語の目的、目標を設定しましょう。

その上で、何が接客する時の英会話の障害になっているのかを把握して下さい。

英会話の勉強の思考方法というよりも、現実にお客様を前にして具体的に英語を使う時の考え方ですが、少々の英語の発音のミスを気にせずに、積極的に話しかけることが接客時の英会話が上手になるポイントです。

英語技能検定であるTOEICや英検は、1年に数回実施されていますので、受験するチャンスは多くあります。

その中でも英検が開発しているサブテストは、インターネット上で何時でも受けられますので、本番を控えてのお試し受験をしても大変効果があります。

職業別の英会話というのは、商品やサービスを海外からのお客様に対して販売するためのツールですから、接客時に使用する英単語やフレーズは日常英会話のように多くはありません。

必要な英単語やフレーズを声に出しながら記憶することによって、大事な英単語やフレーズが頭に入りますので、お客様が早口の英語で喋っても、十分に対応できるようになります。

職業別の英語が比較的自由に使いこなせるということは、接客時に言わなければならないことが瞬時に英会話できることで、会話の進行に応じて、色々と説明や紹介ができることです。

外国のお客様がどう思っているかが気になり、それ以前に外国人のお客様が入店しただけでナーバスになるという日本人特有の外国人に対する意識がありますが、このような姿勢を改めるだけで、英会話は気軽にできるようになります。

一般的には、幼児や子供が日本語を話せるようになるように、英会話を学習するにはそのようにしていけば良いと言われていますが、幼児や子供がだんだんに日本語を話せるようになるのにも、母親や親戚、近所の人達の日本語を毎日聞きながら覚えてきたのです。

接客英会話も、世界中で大人気の「Mr.ビーン」の英会話がスマホのアプリになっている「MR.Bean’s selected English」も発売されていますので、仕事の昼休み時間などで見れば、もっと英会話に親近感を感じるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です